Flee as a Bird
追憶

作詞・作曲:メアリ・シンドラー?/訳詞と歌:三宅忠明
朗読:三宅将之


Warning: include(/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/alko/eigouta.com/public_html/2007/04/flee_as_a_bird.php on line 71

Warning: include(): Failed opening '/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.1.4/data/pear') in /home/alko/eigouta.com/public_html/2007/04/flee_as_a_bird.php on line 71
まず、きいてみよう→
そして、よんでみよう!→

よくきいて
発音をまねしてみよう!!

うたうためにはまず聞き取ることが大事です。
なんども聞いて英語のリズムを覚えましょう!
耳でおぼえよう!

 「星かげやさしくまたたくみそら、あおぎてさまよい木陰を行けば・・・」と歌われる「追憶」は明治生まれの作詞家・古関吉雄の代表作です。20世紀前半から全国の学校や家庭で愛唱されていました。甘美なメロディーとあいまって、当時は特に女学生のあいだで人気があったそうです。どの教科書・歌集をみても、スペイン民謡となっていますが、あまり根拠はないようです。それより歌詞の内容から、メアリ・シンドラー(Mary S. Shindler, 1810-1883)作詞・作曲?の賛美歌ととるのが正しいようです。
 以下は語句の解説です。Flee=Fly、またどちらにも「逃げる」の意味があります。yon「向こうの」、youと間違えないようにしてください。Thou who art weary of sin=You who are weary of sin, flowing「水が流れている」、現在分詞です。Where「そこで」、関係副詞です。th' avenger=the avenger「復讐者、あだ討ちをする人」、thee=you、目的格です。Call, and the Saviour will hear thee, andは前の命令形を受けて「そうすれば」の意。He on His bosom will bear thee=He will bear you on His bosom、falling「流れ落ちている」、現在分詞。He will forsake thee, Oh, never=Oh,He will never forsake you、Sheltered「(雨風から)身を護られて」、Haste then「だから急げ」、Cease from・・・「・・・を止す」、
The Saviour「主、救世主、(大文字で)イエス・キリスト」。