Did You Ever See a Lassie?
女の子見たかい?

オーストリア曲/訳詞と歌:三宅忠明
朗読:三宅将之


Warning: include(/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/alko/eigouta.com/public_html/2007/02/did_you_ever_see_a_lassie.php on line 71

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.1.6/data/pear:/opt/php-5.1.6/data/php') in /home/alko/eigouta.com/public_html/2007/02/did_you_ever_see_a_lassie.php on line 71
まず、きいてみよう→
そして、よんでみよう!→

よくきいて
発音をまねしてみよう!!

うたうためにはまず聞き取ることが大事です。
なんども聞いて英語のリズムを覚えましょう!
耳でおぼえよう!

 「おお、わが友、オーガスティンよ」(O du lieber Augustin)と題するドイツ語の原詩が、18世紀末(1778−79)オーストリアで出版され、この旋律にあわせた「女の子見た?」の英語の歌詞がニューヨークで出版されたのも1909年のことですから、もう100年近く前のことですね。親しみやすいメロディーですから、日本にもオルガン用教材として明治期にはもう入っていたそうです。a lassie「(特にスコットランド方言で)女の子」、a laddie「(同)男の子」、see・・・go「・・・が行くのを見る」、感覚(知覚)動詞といわれるsee, hear, feelなどを受ける不定詞は原形(toのない形)になります。this way and that (way)「こちらやあちらに」。
 なお、お気づきの方も多いと思いますが、2006年12月9日にアップしました O Christmas Tree 以後の英語朗読は、私の大学時代からのクラスメートで親友の元岡山県立高校教諭・三宅将之氏に変更しています。