Under the Spreading Chestnut Tree
大きな栗の木の下で

イギリス民謡/訳詞:三宅忠明


Warning: include(/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/alko/eigouta.com/public_html/2006/07/under_the_spreading_chestnut_t.php on line 70

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/eigouta-com/public_html/m_leftmenu.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.1.6/data/pear:/opt/php-5.1.6/data/php') in /home/alko/eigouta.com/public_html/2006/07/under_the_spreading_chestnut_t.php on line 70
まず、きいてみよう→
そして、よんでみよう!→

よくきいて
発音をまねしてみよう!!

うたうためにはまず聞き取ることが大事です。
なんども聞いて英語のリズムを覚えましょう!
耳でおぼえよう!

 「大きな栗の木の下で」という題名でよく歌われますから、どなたもご存知でしょう。英語発音についてですが、短い歌でテンポもゆったりしていますから、特に次のふたつの音の習得を目的にしてください。まず th 音、 そして r の音です。 the there はよく出てきますが、単語の後ろにつく both が面白いですね。有声音になる(濁る)with のときと違って無声音(濁らない)ですから、ごく弱く、しかしきちんと舌先は噛んでください。うまく出来たらとても英語らしく聞こえますよ。母音の部分は二重母音といって、「オ」でも「オー」でもなく「オウ」と聞こえます。音では、単語の先頭ではなく、途中(spreading, tree)や終わり(under, there)に来たときどう聞こえるかに気をつけましょう。